ローン キャッシング クレジットカード攻略!審査・比較&簡単申込について

キャッシング・消費者金融・ローンカードの簡単申込み、クレジットカードで現金化等、必要な資金を準備するためのノウハウ!簡単申込・審査比較etc・・・

ローン キャッシング クレジットカード攻略!審査・比較&簡単申込カテゴリー項目一覧

▼ キャッシング・クレジットカードの基礎知識

● クレジットカードの分類@ ローン(キャッシングと買い物)

● ローンカード・クレジットカードはを賢く利用する!

● キャッシングは銀行のキャッシュカードより安い!!A知らないと損しますよ!!

● 信販系カードローンの特徴B

● 信販系カードローンの特徴A

▼ ノウハウ

● 消費者金融の利息制限法による過払いの可能性は!?

● 消費者金融の過払い 借金を、もう返さなくて良い!?

● ローン・借金が帳消し! 時効の主張

● ローン・借金が帳消し! 時効を成立させるには?

● ローン・借金が帳消し! 時効までの期間はいつから計算する?

▼ 賢く申込

● カードローン・キャッシング申込時の必要書類は?

● カードローン・キャッシング申込時の注意。複数の業者にスムーズに申し込む為に!!

● 水商売の方がローンに通りやすい申し込み方法

● 無人契約機の秘密!!

▼ 借金の注意事項

● 闇金(ヤミ金)とは?D返済までの道のり!

● 闇金(ヤミ金)とは?Cすぐに返せば大丈夫!?

● 闇金(ヤミ金)とは?C取り立ての方法!!

● 闇金(ヤミ金)とは?B苦しいのは金利だけではない!!

● 闇金(ヤミ金)とは?A苦しい時の裏金融!?

▼ 比較

● 多重債務でも借りやすい! 2社程度の場合は?

● 信販系ローン UCSステップワンカード

● 審査が優しい!!ローン・キャッシングが学生でも通るほど優しい!!

● 信販系カードローン比較<楽天クレジットのマイワン>

● 信販系ローン比較

スポンサードリンク

消費者金融の利息制限法による過払いの可能性は!?

利息制限法では、18%以上でお金を貸してはいけないことになっています。しかし、要件を満たすことによって出資法の上限である29.2%の金利でローン・キャッシングの契約をすることができるのです。この要件をみなし弁済規定といいます。消費者金融業者の多くは、「みなし弁済規定」を盾に、利息制限法で定められた上限を超えた金利でお金を貸しています。

しかし、このみなし弁済規定に適合しているケースはあまり無いようです。と言うことは、今まで支払っていた利息のうち18%〜15%(金額によって異なります)を越えた部分の利息は、元本に充当されるべきという事になるのです。

キャッシングが生活の一部になっているような人は、一度、利息が過払いになってないか計算してみたほうがよいでしょう。もしかしたら、「計算したら既に完済している!!逆に多く払いすぎているから返還を求めなければ!!」という事になるかもしれないのです。

消費者金融業者も訴訟になればほとんど勝ち目はないことを知っているので、過払い利息の返還を訴えれば、ほとんどの場合、消費者金融業者側から和解を提案してくるようです。

消費者金融の過払い 借金を、もう返さなくて良い!?

カードローンキャッシングを長い間利用しているというケースでは、元本はほとんど減らないのに利息ばかり返しているという状態になることがあります。最近安くなってきたとはいえ、やはり消費者金融の金利は銀行から借りる住宅ローン等とは異なり、年率にして10%以上になることが多いようです。返しても返しても元本が減りにくいという状況はありえるでしょう。しかし、あまりにも元本の減り方が緩やかである場合は、「過払い利息」になっていないか疑ってみるべきです。ローンキャッシングにおいても、「利息制限法」で定められた上限を超える金利は過払利息となる可能性が非常に高いので、消費者金融業者に訴訟を起こして返還を請求することもできるのです。

ローン・借金が帳消し! 時効の主張

ローンキャッシング借金の時効は、自分で主張しないと認められないものです。先に解説しました全ての条件がそろって時効が完成したとしても、借金の支払義務がなくなったことを公に認めてもらうためには、借りた側が時効の成立を主張しなければなりませんこれを時効の援用といいます。時効の援用をしなければ、5年経過して全ての要件がそろっていたとしても、貸金業者から、返済を請求されれば返済義務があるということになってしまうのです。

一口に借金の「時効といっても、をれを完成させるためには条件がたくさんあるので、十分注意することが大切です。出来る限り、借金債務整理等に詳しい専門家に相談し、その支持に従ったほうが無難だと思います。

ローン・借金が帳消し! 時効を成立させるには?

ローンキャッシング等、借金の時効が成立するためには、いろいろな条件が必要になります。ただ単に起算日から5年経過したと言う理由だけで時効が成立し、ローンキャッシング等の借金をへんさいしなくてもよくなるというものではありません。
晴れて時効により借金の返済義務がなくなる事を「時効の完成」といいます。時効を完成させるためには、
@貸した側が一定期間にわたって返してほしいと言わなかったこと
A借金した人が一定の期間にわたって返済をしていないこと、
B借金した人が、借金しことを認めていなかったこと

という要件が必要なになるのです。条件にあわなければ、5年経過していたとしても、時効は完成しないのです。途中で一度でも返済をしたり、借金した事を認めたりすると時効は完成しません。そこから振り出しにもどり、また5年たたないと時効にはなりません。

ローン・借金が帳消し! 時効までの期間はいつから計算する?

ローンキャッシングなどの借金について時効が完成するためには5年という期間が必要となりますが、それでh、その5年というのは、いつから計算したらよいのかを解説いたします。起算日(時効を計算するにあたり、その初日となる日を起算日いいます)借金の方法により二通りに分かれます。

@返済期日が決まっている借金
A返済期日のない借金です。

@の返済期日のある借金はその返済期日が起算日となります。Aの返済期日の無い借金の起算日は借りた日になります。

 返済期日の無い借金というのは、貸した側が「返してくれ」と言ったときが返済期日になります。ですから、返済期日のある借金も無い借金も、要は返済しなければならない日・返済しなければならない可能性のある日を起算日としているということになります

スポンサードリンク