スポンサードリンク

ローン・キャッシングの利息を下げるCみなし弁済

ローン・キャッシングの利率が利息制限法の上限(100万円なら15%)が適用されず、出資法(上限29.2%)が適用されるためには、「みなし弁済規定」に適合する事が必要となります。

みなし弁済規定とは、以下の用件に該当する事が必要となります。

●ローン・キャッシング業者が利息を受領する際に、貸金規正法の第18条に記載されている「受取証」を交付している事
●登録を行っているローン・キャッシング業者による「金銭を目的とする消費貸借の、利息契約の利息の支払である事
●貸金規正法の第17条に基づく契約書面が交付されている事

以上となります。

ローン・キャッシング業者は、利息制限法の適用を申し出た場合、「みなし弁済規定に適合している」と必ず主張してきます。

では、どうするのか?

〜続く〜

スポンサードリンク

関連エントリー

スポンサードリンク