スポンサードリンク

ローン・キャッシングの利息を下げるG弁護士も得手不得手

弁護士によっては、このような個人のローンキャッシングに対して積極的に依頼を受け入れないケースもあるようです。

最低限、@Aは、当然の如く行っていただける弁護士に依頼する必要があります。その際、報酬額や支払方法についても、しっかり話をする必要があります。ローン・キャッシングの残高を減らす事が目的です。弁護士に報酬を支払ったがために、ローンキャッシングの残高がほとんど変わらない・変わらないと言う事であれば、まったく意味は無いわけです。

良い弁護士であれば、任意整理をするのですから、今現在経済的に裕福で無い事は当然察しがつくわけです。経験があれば、状況も分かります。

ですから、支払方法や、方針を聞くだけでも、その弁護士の姿勢は充分分かります。無理な報酬額や支払方法を提示する場合は、別の弁護士を探してください。

目安は、報酬を払って尚、今現在より資金繰りが楽になるかどうかです。あくまで資金繰りです。総額が減っても、資金繰りが苦しければ何もなりません。

そのあたりを充分気をつけてください。

スポンサードリンク

関連エントリー

スポンサードリンク