スポンサードリンク

自己破産の条件は?A

キャッシングカードローンを法的に帳消しにする自己破産。自己破産する為の条件の二つ目は、年収の半分以上の借入れ残高があることです。
例えば、年収が税込み600万円の人ならば、300万円以上の無担保ローンがあれば自己破産の条件に当てはまるということです。よく、住宅ローンの年間返済額の目安として、年収の25%といわれます。例えば、毎月10万円の返済をする為には、10万円×12ヶ月=120万円。60万円÷0.25=480万円。という具合です。
では、300万円、金利29%の方の返済額はどの程度でしょうか。300万円の29%は87万円です。仮に20万円のカードローン・キャッシングが15社とすれば、月々の返済額は15万円程度でしょうか。年間180万円、これを0.25で割ると720万円です。年収が720万円もある方の適正返済額というわけです。これだけの借金をするということは、年収はおそらく400万円に満たないでしょう。もう返せるわけがありませんね。ちなみに、180万円の返済額のうち、元本は100万円弱です。返しても返しても、元本は減りません・・・。便利なキャッシングカードローンですが、溜まればこのような金額になるのです。こうなったら自己破産しかありませんね。

スポンサードリンク

関連エントリー

スポンサードリンク