スポンサードリンク

借金の厳しい取り立てをかわすには?

ローンキャッシング等、借金をしており、毎月の返済日に返済できない場合、通常は督促状がとどくことになります。それでも返済しない場合、業者にもよりますが、自宅まで取り立てに来る場合があります。大手の消費者金融や銀行系のカードローンキャッシングであれば別ですが、そうでないローン・キャッシング業者から借金している場合、乱暴な言葉遣い等で威圧的な取立てをする人がまだいるようです。そのような場合は、日本の法律「貸金業法」を利用しましょう。貸金業法では、厳しい言葉による取立ては禁止しています。また、深夜や早朝の取り立ても禁止しています。もし、そのような事を行えば法律違反ですから、警察も介入できます。貸金業法違反である旨をつげ、それでも乱暴な取立てをやめないようであれば警察に通報する事を伝えて下さい。貸金業法に違反すれば、許可の取り消し等の処分となる可能性がありますので、業者としても死活問題です。闇金融が相手でなければ有効な手段となります。貸金業法は一度目を通しておくと大変役に立ちます。

スポンサードリンク

関連エントリー

スポンサードリンク