スポンサードリンク

ローン・借金が帳消し! 時効までの期間は?

借金が帳消しになる時効までにどのくらいの期間が必要かというと、貸主が個人(商売としてローン・キャッシング・融資をおこなっていない個人)の場合は10年、法人であれば5年間で時効となります。ということは、ローン会社や銀行・消費者金融などからお金を借り、約束の返済期限の後で5年以上に渡って1円も消費者金融に返済をしていない場合などは、この時効の要件に当てはまることになります。

 時効とは、権利が消えてなくなってしまうことですが、ローン・キャッシングなどの借金に当てはめてみると、無くなる権利とは、貸した側(銀行や消費者金融などの貸金業者)が、借主(債務者)に「お金を返しなさい」といういう権利を言います。借主(債務者)から見れば、借金について時効になると「法的に借金を返さなくてもいいと認められた」ということになります。つまり、ローンキャッシングなど借金は消えてなくなってしまうのです!!

スポンサードリンク

関連エントリー

スポンサードリンク