スポンサードリンク

ローン・借金が帳消し! 時効の主張

ローンキャッシング借金の時効は、自分で主張しないと認められないものです。先に解説しました全ての条件がそろって時効が完成したとしても、借金の支払義務がなくなったことを公に認めてもらうためには、借りた側が時効の成立を主張しなければなりませんこれを時効の援用といいます。時効の援用をしなければ、5年経過して全ての要件がそろっていたとしても、貸金業者から、返済を請求されれば返済義務があるということになってしまうのです。

一口に借金の「時効といっても、をれを完成させるためには条件がたくさんあるので、十分注意することが大切です。出来る限り、借金債務整理等に詳しい専門家に相談し、その支持に従ったほうが無難だと思います。

スポンサードリンク

関連エントリー

スポンサードリンク